プレスリリース

※社名・役職などは掲載当時のものです。

2020年09月30日

布袋駅東複合公共施設等整備事業、スターツグループが事業者として決定
愛知県「布袋」駅東地区に公共施設・民間施設を2023年4月に開業予定

 スターツコーポレーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:磯﨑一雄)を代表企業とし、株式会社三上建築事務所、スターツCAM株式会社、株式会社波多野工務店、スターツファシリティーサービス株式会社の計5社で構成されたグループが、愛知県江南市「布袋駅東複合公共施設等整備事業」の公募型プロポーザルの事業者に選定され、2020年9月に江南市と事業契約を締結しました。
 スターツグループでは市民と連携し将来の地域価値向上まで考慮した拠点づくりとして、事業対象地である名古屋鉄道犬山線「布袋」駅東地区に、図書館や保健センターなどで構成される公共施設と食品スーパーなどで構成される民間施設からなる事業を提案。特に下記の項目において高く評価いただきました。
・地元企業・市民の活動拠点となる地域交流施設(フューチャーセンター)の設置
・事業継続性が高いテナントの選定
・駅の東西をつなぐ自由通路を介した駅周辺の一体感を演出する全体設計
・立体駐車場から直接図書館にアクセスできる施設設計



公共施設と民間施設の開業は2023年4月を予定しています。
 スターツグループでは「総合生活文化企業」として多岐に渡る事業を展開。各事業間の連携を活かし愛知県においては、 PFI事業「安城市中心市街地拠点整備事業」やPPP事業「東岡崎駅周辺地区整備北東街区有効活用事業」に取り組んでまいりました。
 本プロジェクトにおいても「総合生活文化企業」の強みと、これまで取り組んできたプロジェクトで培った経験や知見を活かし、地域に根差した開発・整備事業を行ってまいります。

■事業概要 (現時点での計画であり、変更の可能性があります)
・事業場所
愛知県江南市北山町西300番地 

・敷地面積
8,661㎡ 

・延床面積
公共施設:7,049 ㎡、民間施設:7,597㎡

・構造、階数
公共施設:鉄骨造/4階、民間施設:鉄骨造/3階

・最高高さ
公共施設:19.8m、民間施設:17.0m

・用途
公共施設:図書館、保健センター、子育て支援センター、交流スペースなど
民間施設:食品スーパー、物販施設(生活雑貨)、保育所、地域交流施設(フューチャーセンター)など
  
・事業期間
30年(定期借地)

・開業
公共施設・民間施設共に2023年4月予定



■事業関連会社
・事業者
スターツコーポレーション株式会社

・設計
(公共施設)株式会社三上建築事務所
(民間施設)スターツCAM株式会社

・施工
スターツCAM株式会社
株式会社波多野工務店

・テナントリーシング
中部スターツ株式会社
スターツファシリティーサービス株式会社

・プロジェクトアドバイザー
株式会社チームノダ

・施設管理
スターツファシリティーサービス株式会社

・駐車場ナビパーク運営
中部スターツ株式会社

・プロジェクト管理
スターツアセットマネジメント株式会社




<本リリースに関するお問い合わせ先>
スターツコーポレーション株式会社
広報 : 小宮・榎谷
E-mail:group-pr@starts.co.jp
TEL:03-6202-0380 (直)
FAX:03-6202-0333

この記事の詳細はこちら(PDF:959KB)