環境への取り組み

6 安全な水とトイレを世界中に6 安全な水とトイレを世界中に

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

12 つくる責任つかう責任12 つくる責任つかう責任

13 気候変動に具体的な対策を13 気候変動に具体的な対策を

ダイレクトリサイクルシステム

建設・⼟地有効活⽤事業:スターツCAM株式会社

スターツCAMでは、建築⼯事現場で排出される廃棄物を合理的に分別するダイレクトリサイクルシステムを採⽤。中間処理施設を通さずに処理が可能であることから、運搬時にかかる環境負荷を減らし、かつリサイクル量も増加させることに成功しています。ダイレクトリサイクルにより、ある現場では産業廃棄物を60%以上も減少させたこともあり、ゴミの量削減・現場の美化にも貢献しています。

スターツCAM株式会社

建築⼯事現場の廃棄処分

ノークリーニング

ホテル事業:スターツホテル開発株式会社

ホテル エミオン 東京ベイでは、省エネルギーや環境保全への取り組みとして連泊のお客様に、客室のノークリーニングを推奨しています。お客様より清掃不要(ノークリーニング)のお申し出をいただいた場合、タオルの交換・ごみの回収のみを⾏い、ノークリーニング特典として500円分の館内利⽤券を進呈しています。

スターツホテル開発株式会社

エコ・エバー・チャレンジ2020

セキュリティ:シャーロック株式会社

シャーロックでは、「シャーロック環境ビジョン」を策定し、それに基づき「シャーロック環境⽅針=エコ・エバー・チャレンジ 2020」を定めています。
具体的には、ダンボールに貼ったまま可燃物として処分できるオリジナルのクラフトテープの採⽤や、取扱い説明書などの各種ドキュメントにエコポリシーを明⽰するなど、環境のためにできることを社員の提案とチームワークを活⽤し、等⾝⼤で実⾏しています。

シャーロック株式会社

環境ポリシーを記載し各種ドキュメントで訴求しているEcoSecurityマーク

節⽔活動

ゴルフ・ホテル事業:スターツグアムゴルフリゾート

スターツグアムゴルフリゾートでは、グアムの⽔資源を確保するため、ホテル・クラブハウスにある全20基の⼩⽤便器を「無⽔型⼩便器」にしています。
節⽔はもちろん、グアムの⽔道⽔は⽯灰分が強くパイプの⽬詰まりがしやすいので、交換作業や⽔漏れ作業の軽減にも⼀役買っています。

スターツグアムゴルフリゾート

無⽔型⼩便器

運営旅館・ホテルの省エネ対策

信州の湯 清風園での取り組み

信州の湯 清風園では、環境に配慮し約30年前から温泉の排湯を熱源に使ったヒートポンプを採用し、シャワーや厨房等への給湯を行っています。しかし、当時のヒートポンプでは給湯用として十分な温度を得ることができず、重油ボイラーと組み合わせたシステムで賄っていました。そこで、さらなる消費エネルギーの削減と環境への貢献を目指し、2012 年、環境省補助事業「温泉エネルギー活用加速事業(うち温泉施設における温暖化対策事業)」の交付を受け、地球環境に配慮した給湯システム「水熱源ヒートポンプ」を導入。給湯に係わる重油使用量を大幅に削減し(約27,000ℓ) 、CO₂ 排出量33%、エネルギーコスト58%をカットしました 。(※当時のCO₂排出係数、エネルギー単価による)

信州の湯 清風園

湯けむりの里 柏屋での取り組み

湯けむりの里 柏屋では、温泉の加温・保温および厨房への給湯用として重油ボイラーを利用していましたが、さらなる効率的な温水製造と大幅な環境負荷の低減を目指し、2012年、環境省補助事業「温泉エネルギー活用加速事業(うち温泉施設における温暖化対策事業)」の交付を受け、「温泉熱源ヒートポンプ」、「水熱源エコキュート」を採用。重油使用量を大幅に削減し(約260,000ℓ) 、CO₂排出量を約61%、エネルギーコストを約50%カットしました。(※当時のCO₂排出係数、エネルギー単価による)
また、2014年には沢水を利用した空調システムを採用し、冷房時の省エネルギー化を図っています。

湯けむりの里 柏屋

沖縄ナハナ・ホテル&スパでの取り組み

沖縄ナハナ・ホテル&スパでは、2015年に「平成27年度 先進対策の効率的実施によるCO₂排出量大幅削減事業設備補助事業」の採択を受け、「高効率高温水ヒートポンプ」(給湯)と「高効率水冷チラー」(空調)の電化システム導入しました。従来、給湯はガスボイラ―のみに頼っていましたが、電化システムの導入によりその利用を押さえることができ、約22%のCO₂を削減しています。 (※当時のCO₂排出係数、エネルギー単価による)

沖縄ナハナ・ホテル&スパ

コージェネレーションシステムの導入

発電する際に発生する熱を給湯に有効利用する「コージェネレーションシステム」を、運営するホテルで導入しています。

・ホテル エミオン 東京ベイ(タワー館)
ホテル エミオン 東京ベイでは、コージェネレーションシステム(発電量140kW)の導入により、CO₂排出量を、年間 約133,600 (kg-CO₂削減しました。 (*2020年度エネルギー消費量による)

ホテル エミオン 東京ベイ

・ホテル ルミエール グランデ 流山おおたかの森
ホテル ルミエール グランデ 流山おおたかの森では、コージェネレーションシステム(発電量70kW)の導入により、CO₂排出量を、年間約31,400(kg-CO₂)削減しました。(*2020年度エネルギー消費量による)

ホテル ルミエールグランデ おおたかの森

照明器具のLED化

運営旅館・ホテル、その他事業所の照明器具をLED化することで、CO₂排出量を年間 約400,000(kg-CO₂)削減しました。(*2019年度CO₂排出係数による)