プレスリリース

※社名・役職などは掲載当時のものです。

2020年10月01日

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 
事業協力に関する基本協定書を締結

 三菱地所株式会社を代表企業として、スターツコーポレーション株式会社、株式会社フジタ、株式会社ケン・コーポレーション、東急不動産株式会社から構成されるコンソーシアムは、2020年6月30日に関内駅前港町地区市街地再開発準備組合(以下「準備組合と」いう。)から「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者優先交渉権者に選定され、本日2020年10月1日に準備組合と事業協力に関する基本協定書を締結し、事業協力者として参画することが決定いたしました。

本事業では、「国際的な産学連携」「観光・集客」「都心居住」機能の導入を図ることで、世界中から多様な人財が集い、賑わいを生み出し続けるようなまちづくりに貢献してまいります。


※施設概要・施設外観等は今後の関係者協議により変更する可能性があります。また、旧市庁舎街区計画の建物イメージは、公表されている資料から本コンソーシアムが独自に書き起こしたものです。

■開発コンセプト
「横浜の中心 関内活性化の戦略拠点」
①ワールドクラスの機能導入
世界一流の業務・産学連携、最高級賃貸住宅、高質な賑わい
②横浜の各地域の魅力をつなぐエリアマネジメント
③リスクに強く長期的な価値向上を具現化するALL賃貸スキーム


■施設概要等
延床面積
約88,500㎡

容積対象床面積
約75,500㎡(容積率 980%)

建築面積
約5,500㎡ (建蔽率 約72%)

敷地面積
約7,700㎡

高さ
約150m




■再開発エリア
JR関内駅と尾上町通りにはさまれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4ha


■今後のスケジュール(予定)
2020~2022年度
都市計画協議、事業計画案検討 など

2023年度
都市計画決定

2024年度
組合設立認可

2025年度
権利変換計画認可、建物解体・着工

2029年度
竣工

※建物規模等により施工期間に変動があるため、現段階での目標スケジュールです。今後の関係者協議により調整していきます。


■準備組合とコンソーシアム構成企業の概要

・関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
【所在地】神奈川県横浜市中区真砂町2-12 関内駅前第一ビル2階
【代表者】理事長 田原 仁

・三菱地所株式会社
【所在地】東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビル
【代表者】執行役社長 吉田淳一

・スターツコーポレ―ション株式会社
【所在地】東京都中央区日本橋 3-4-10 スターツ八重洲中央ビル
【代表者】代表取締役社長 磯﨑一雄

・株式会社フジタ
【所在地】東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2
【代表者】代表取締役社長 奥村 洋治

・株式会社ケン・コーポレーション
【所在地】東京都港区西麻布1-2-7
【代表者】代表取締役社長 佐藤 繁

・東急不動産株式会社
【所在地】東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ
【代表者】代表取締役社長 岡田 正志

以 上


<本件に関するお問い合わせ先>
関内駅前港町地区市街地再開発準備組合 事務局:045-461-3926
三菱地所株式会社 横浜支店:045-224-2211

この記事の詳細はこちら(PDF:919KB)