プレスリリース

※社名・役職などは掲載当時のものです。

2019年10月21日

2020年4月11日開館
『弘前れんが倉庫美術館』の施設概要、開館記念プログラムを発表
美術館の象徴「シードル・ゴールド」の屋根を披露

 スターツコーポレーション株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:磯﨑一雄)を代表企業とし、「弘前市吉野町緑地周辺整備等PFI事業※1」を手掛ける弘前芸術創造株式会社※2(本社:青森県弘前市、代表取締役社長:平出和也)は、2020年4月11日(土)に開館する「弘前れんが倉庫美術館(青森県弘前市)」の施設概要や開館記念プログラムを、10月19日(土)に発表しました。
 本PFI事業では、国内で初めてシードル (リンゴの発砲酒) が大々的に生産された「吉野町煉瓦倉庫」(2015年7月より弘前市が所有)を芸術文化施設として改修・整備し、その後15年間にわたり維持管理・運営を行います。建築設計はエストニア国立博物館などを手掛けた田根 剛氏が担当。レンガ建造物の耐震性能を高めつつ、今あるものを可能な限り残した「記憶の継承」と「風景の再生」をコンセプトにもつ建築空間では、その魅力を最大限に生かした国内外の先進的なアートや、弘前そして東北地域の歴史・文化と向き合う同時代の作品も収集し展示します。
(詳細は別添資料へ)


美術館の新しい象徴ともなる「シードル・ゴールド」の屋根。当日は上空からのドローン映像とともに屋根のコンセプトを含めた設計概要を田根氏より説明。

 スターツグループでは、土地有効活用・建設、不動産仲介・管理を主軸とし、金融(証券・信託)、出版、ホテル、高齢者支援・保育など、建てて終わりではなく、出会ったお客様と末永くお付き合いできるよう、総合生活文化企業として地域に根ざし事業を多角化してまいりました。その総合力が評価され、本PFI事業での事業者に選出。2017年5月に弘前市と事業契約を締結しました。2018年3月に設計業務を完了し、現在は2020年4月の開館に向け建設、開館準備業務の推進を行っています。
 本PFI事業を通じ、世界を感じる芸術に触れることで市民生活の一層の充実と文化芸術活動の推進を図ってまいります。

※1  Private Finance Initiativeの略。公共施設等の建設・維持管理・運営などを、民間の資金・経営能力及び技術的能力を活用して行う手法。
※2 スターツコーポレーション株式会社、スターツCAM株式会社、スターツファシリティーサービス株式会社、株式会社大林組、株式会社NTTファシリティーズ、エヌ・アンド・エー株式会社、株式会社南建設、株式会社西村組が設立した特別目的会社(詳細は下記参照)


■弘前市吉野町緑地周辺整備等PFI事業 事業関連会社
[開発]
弘前芸術創造株式会社※2
[設計・監理]
スターツCAM株式会社、Atelier Tsuyoshi Tane Archtects株式会社、
株式会社NTTファシリティーズ、株式会社大林組、株式会社森村設計
[施工]
スターツCAM株式会社、株式会社大林組、株式会社南建設、株式会社西村組
[維持管理]
スターツファシリティーサービス株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、
株式会社NTTファシリティーズ東北
[運営]
エヌ・アンド・エー株式会社
[事業マネジメント]
スターツアセットマネジメント株式会社、株式会社スターツ総合研究所

■弘前れんが倉庫美術館 施設概要

[所在地]
〒036-8188 青森県弘前市吉野町2番地1 
[開館日]
2020年4月11日(土)
[敷地面積]
4,526.24㎡+(緑地部分)6,226㎡
[建物面積]
3,079.53㎡
[交通]
JR奥羽本線「弘前」駅より徒歩 20分、タクシー 7分
弘南バス 土手町循環バス「中土手町」下車 徒歩 4分
弘南バス「住吉入口」下車徒歩2分
弘南鉄道大鰐線「中央弘前」駅より徒歩3分
[開館時間]
9:00-17:00
但し、金曜日・土曜日に限りスタジオ、ライブラリーのみ21:00まで開館
[休館日]
火曜日(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始
但し、弘前さくらまつり及び弘前ねぷたまつりの期間中は全日開館
[URL]
http://www.hirosaki-moca.jp
[Instagram]
hirosaki_moca

<本リリースに関するお問い合わせ>
スターツコーポレーション株式会社
広報 : 小宮・榎谷
E-mail:group-pr@starts.co.jp
TEL:03-6202-0380(直)
FAX:03-6202-0333

<「弘前れんが倉庫美術館」関するお問い合わせ>
弘前れんが倉庫美術館 開設準備室
https://www.hirosaki-moca.jp/
広報 : 鎌倉・大澤
TEL:0172-32-8950、月~金、9時~17時

この記事の詳細はこちら(PDF:1,042KB)