店舗

main-banner

海外で店舗を借りる・購入する

line

企業の海外進出においては、当地の政策目標や税制、各種規制の方向性はもとより、独特の商慣習や伝統的なルールなどの把握が必須です。ターゲットとなる市場分析にも高い精度が求められ、それだけに事前に検討すべき点は数多く存在しています。
都市の選択(23か国36都市)

r-h2-block01-img1

注意すべきポイント

line
!

立地選定後 各種手続きを調査

店舗の場所が決まったとして、現地法人の設立や酒類取扱い免許の取得など必要な手続きが多く発生します。トータルでサポートしてくれる業者を選定しましょう。

people
!

内装業者の選定

設計図書が無い物件等海外では当たり前。その中でしっかり法律を守って設計する業者を選出することが大切です。

people
!

業種規制の確認

過去に飲食店を営業している場所でも、本当は法律に違反して営業していた可能性があります。きちんと違法性の有無を確認したうえで出店計画を立てることが肝要です。

people
!

預託金返還交渉

撤退時に貸主が預託金を返還されないケースがあります。信頼のおける仲介会社に交渉を依頼しましょう。

people

スターツがご提供するサポート内容

line

日本料理の飲食業や、小売り、サービス業も盛んに海外に進出しています。
店舗を探すには、日本と同様にその都市の特徴や人の流れを読むなど、その土地をよく知ることが必要不可欠です。
スターツではその土地を熟知したスタッフが適切な立地をアドバイスし、関連する各業者との連携を図りながら、企業様とともにオープンを目指します。

check-btn主なサポート内容

  • 物件の紹介
  • 出店開業アドバイザリー業務
  • 不動産の権利調査・鑑定・診断・不動産活用提案
r-h2-block03-img1

L社様の事例

line

飲食店L社様は適正立地の店舗物件を見つけ契約をしました。しかし、内装工事を進める中で、必要排気量が確保できるダクトを建築法上設置できないことが発覚。貸主にはペナルティを支払い、ゼロから物件探しを再開。
そこで、現地の法律・慣習に対するアドバイスを行うスターツにお声がけいただき、
物件探しから店舗開店の諸手続きを含むコンサルティング契約を締結。
現地の商慣習に詳しい弊社スタッフのサポートによって、スムーズに開業を実現できました。

r-h2-block03-img1