工場

main-banner

海外で工場を購入する・借りる

line

企業の海外進出においては、当地の政策や税制、各種規制の方向性はもとより、独特の商慣習や伝統的なルールなどの把握が必須です。 ターゲットとなる市場分析にも高い精度が求められ、それだけに事前に検討すべき点は数多く存在しています。
スターツはお客様に寄り添い、工場開設をサポートいたします。 都市の選択(23か国36都市)

r-h2-block01-img1

注意すべきポイント

!

規制業種や管理規約に注意

日本と同じように考えてしまったがため、
産廃規則が厳しく、違反してしまうなどのケースが見受けられます。

people
!

賃貸借契約締結時に更新条件を確認

貸主の一方的な更新拒絶ができるようになっていると、移転コストがかかったり余計な出費が発生します。また修繕費用の負担についても要確認。

people
!

契約前の調査が必須

中古工場を購入する場合、建築上の違法性の有無を
確認する必要があります。しかし海外では不動産の設計図書がないケースもあるため、各資料の収集をしなければなりません。

people
!

各種許認可の取得

工場を建築する場合、現地の慣習を理解した上で
官庁への申請手続をしないと、プロジェクトがスケジュール通りに進まないケースが発生します。

people

スターツがご提供するサポート内容

line

海外での工場用地の取得も、国内同様物流やインフラなど多岐にわたる知識が必要です。スターツでは、購入・売却の他、事前調査として査定業務も行います。
工場用地は広域に点在していることも多く、下見の手配も大変な業務。そこでスターツでは事前にお客様のご要望を確認し、候補物件をピックアップして視察ツアーのアレンジも行っています。併せて駐在員の通勤の便も考慮した住宅の手配も行います。

check-btn 主なサポート内容

  • 物件の紹介
  • 不動産の権利調査・鑑定・診断・不動産活用提案
r-h2-block03-img1

I社様の事例

line

大型土地売却案件では、現地での取引リスクの説明や実績などから信頼をいただき、専任での売却依頼を受託。 現地不動産ディベロッパーからの問い合わせも多くありましたが、信頼性が疑われるものが多く、支払い能力やバックグラウンド、 書類の信ぴょう性など一件ずつ面談し精査しました。契約手続きでは、日本との商習慣の違いや注意点についてひとつひとつご説明する機会を設定。 日本の本社様との時差を考慮し、企業の不安を解消するよう丁寧な対応を心がけたことで無事契約を成立させることができました。

r-h2-block03-img1