土地活用は、賃貸経営のプロに任せる時代へ。 土地信託・不動産管理信託のスターツ信託

不動産・建設業界で国内唯一の運用型信託会社

スターツ信託株式会社

土地活用 個別相談 受付中:03-6202-0116 受付時間:9時~18時(水・日定休)

お問合せ・資料請求

ホーム > お客様の声 > 固定資産税の気苦労がなくなった

お客様の声

「30年間、駐車場にしていた土地を、土地信託にしました。固定資産税の気苦労がなくなったのが何よりです。」東京都内 青木様

東京都内にお住まいの青木清美様(47歳)に、スターツ信託に土地信託を依頼した経緯と感想について詳しくお聞きしました。<文中の人物名は仮名。設定も一部変更しています>

建設と土地信託の2つをスターツグループに依頼

― 今回、青木様がスターツ信託に依頼した土地信託の内容を教えてください。

スターツグループには建設と土地信託の二つをお願いしました。

最初は平成25年、100坪の土地に6階建てのマンションを建てました。この時は、スターツCAMにマンション建設をお願いしました。

次は平成25年、この時はスターツ信託の土地信託を利用しました。結果として、300坪の土地に3階建てのアパートが2棟建ちました。

今は、信託配当が入金されています。

ずっと駐車場だった土地にマンションを建てることに決めた理由

― 最初に、100坪の土地の方に、6階建てマンションを建てることにした経緯を教えてください。

スターツさんには最初、当時、築50年だった自宅の建て替えを頼んだことで、縁ができました。

当時は、100坪と300坪のどちらの土地も、駐車場として使っていました。

駐車場を始めたのは義母ですが、「駐車場なら手軽だし、何かあっても取り返しがつく」と考えたようです。

以来、30年間ずっと駐車場にしていました。

その後、「そろそろ駐車場はやめて、別の形で活用した方がいいかな」と思い、スターツと話し合いを進めました。

将来の生活のことを考えた

― 「すぐにでもマンションを建てよう」と思った理由を教えてください。

将来の生活の事を考えると、やはり駐車場よりは、収益の絶対額の多いマンションに切り替えたいと思ったのです。

借金を負うことに少し不安はありました。でも2・3日悩んだ後に、心を決めました。

また当時の私には、駐車場の固定資産税が恐怖でした。それから逃れたかったという理由も大きいです。

固定資産税がつらかった

― 「駐車場の固定資産税が怖かった」とは具体的には。

駐車場は更地と同じで、固定資産税が高いです。

毎年納税の季節には、まとまった額の現金を用意する必要があります。この気苦労が苦痛でした。

でも「建物」を建てれば、固定資産税は大幅に安くなりますから。

大きな借金をすることに少し不安はありました。でも、スターツのみなさんを信じてお任せすることにしました。

その後は、融資のための銀行との面接やら、手続きやら、万事はスターツCAMのみなさんがお膳立てしてくださいましたので、私は何の気苦労もせずに済みました。

2つめの土地で、土地信託を使うことにした理由

― 2つめの300坪の土地を、「土地信託」を使って活用することに決めた経緯を教えてください。

一番の理由は、「借金をもう一つ背負いたくなかった」ことです。その時は、一つめのマンションはまだ建設中。家賃収入もまだ得ていません。

そのタイミングで、もう一つ借入れを起こすのは気が重いことでした。それに、ここで借金を増やすと、最終返済が子供の代に持ち越されることもありえます。それは、避けたかった。

そんな時、スターツCAMから、「それが心配なら、土地信託という方法があります」と案内がありました。

その後、スターツ信託の営業の方から、「土地信託の仕組みの場合、借金を負う他、アパートの入居者集めや管理、固定資産税の支払いも、すべてスターツ信託がオーナー様の代わりに行います」と説明がありました。それは良いと思いました。

もちろん信託手数料はお支払いすることになりますが、それでもなお、借り入れや税金の気苦労から完全に解放されるのは、私にはとても魅力的でした。

登記上の所有権が移転することへの心理的抵抗は?

― とはいうものの、土地信託の場合、信託契約を交わした上でのこととはいえ、登記上の土地の所有権がスターツ信託に移転します。そのことに心理的な抵抗感はありませんでしたか。

最初は、少しだけ不安がありました。でも、2・3日よく考えた後に、「土地に執着したって意味がない」という結論になりました。後は腹をくくったので、もうあれこれ思い悩むこともありませんでした。

何を財産と考えるか

― いま土地信託を検討している人に向けて「先輩ユーザーとしてのアドバイス」などあればお聞かせください。

要は「何を財産と考えるか」だと思います。

「土地そのもの」を財産だと思う場合は、信託契約によって所有権が変わることは「財産が減ること」に思えるのでつらいと思います。

でも私は「土地そのもの」ではなく、「土地から収益が上がること」「その収益を子供たちに、きれいな形で残すこと」が財産だと考えることにしました。それであれば所有権は二の次です。

今回、300坪の土地には無事に2棟のアパートが建ちました。信託配当も受け取ることができます。駐車場の時より収益は多くなりました。

何より税金のことを考えなくてよくなったことは、本当に気が楽です。

スターツ信託さんとは今後も長いお付き合いになります。これからもよろしくお願いします。

青木様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


※ 取材日時:平成26年5月
※ 取材制作:株式会社カスタマワイズ

土地活用 個別相談 受付中!

賃貸経営の専門家にご相談

  • 相続税対策のポイントを教えて欲しい
  • 賃貸管理は面倒だが資産継承はしたい
  • プロの意見を聞きたい etc.
専門家を呼ぶ【プロがご自宅を訪問】 相談室へ行く【東京 日本橋での相談】
不動産管理をせずに安心の相続を!個別相談会【東京近郊の方へ】受付中

土地活用 個別相談 受付中!

賃貸経営の専門家にご相談

  • 相続税対策のポイントを教えて欲しい
  • 賃貸管理は面倒だが資産継承はしたい
  • プロの意見を聞きたい etc.
専門家を呼ぶ【プロがご自宅を訪問】 相談室へ行く【東京 日本橋での相談】

土地活用 個別相談 受付中 03-6202-0116 受付時間:9時?18時(水・日定休)

土地活用・土地信託の資料請求

無料進呈!パンフレット【不動産信託のご案内】
PAGETOP