賃貸事業型土地信託

不動産の賃貸事業経営に最適! - 賃貸事業型土地信託

遊休不動産や低利用不動産の有効活用策として利用可能です。

事業計画の立案から資金調達、テナントリーシング、管理運営まで企業の土地有効活用をトータルでバックアップします。

①不動産管理の組織や部門がない。不動産を管理するスタッフがおらず、ネットワークもない。

信託の活用により、不動産管理のアウトソーシングが可能となります。また、適切な判断によるコスト削減効果が期待できます。さらに、信託法・信託業法等の関連法規により監督官庁の監督下、永続的で均質なサービスを受けることが可能です。

③本業以外での土地活用に抵抗がある。事業リスクは極力低減したい。

信託の活用により、計画立案から資金調達、テナント誘致、完成後の管理運営まで、ノウハウを持った信託会社が責任を持って行います。スターツ信託では、グループのネットワークを活用し、優良テナント誘致や入居稼働率において高いパフォーマンスの実現を目指します。

②不動産管理に時間が割けない。不動産が多数あり管理が非常に面倒だ。

信託の活用により、専門家が適切に管理運営を代行。信託会社が所有者となり所有者責任や賠償リスクから解放されます。また、信託法により「分別管理」が義務付けられており、信託会社が万一倒産した場合でもリスクを回避することができます。

④近隣問題や風評被害が心配。取引銀行や取引先とのしがらみが強い。

信託の活用により、事業主や資金調達は信託会社が行いますので、従来の関係に縛られず有利な資金調達や工事発注が可能となります。また、発注先企業の選定や発注金額の妥当性判断についても、コンプライアンス及び専門性の観点から信託会社が精査のうえ行います。

スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)

『土地の所有者(委託者兼受益者)信託契約』→①信託→『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』

『土地の所有者(委託者兼受益者)信託契約』←②信託受益権←『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』

『土地の所有者(委託者兼受益者)信託契約』←⑩信託配当←『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→③建築請負契約(発注・施工)→『建築会社』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→⑤建築代金の支払い→『建築会社』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→⑨公祖公課等の支払い→『¥』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→⑨元利金の支払い→『金融機関』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』←④建築資金の借り入れ←『金融機関』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→⑨管理費の支払い⑥管理委託→『管理会社』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』→⑦賃貸→『テナント』

『スターツ信託株式会社-土地信託勘定-信託財産(土地)-信託財産(建物)』←⑧賃料など←『テナント』

賃貸事業型土地信託の内容と特徴

  • 不動産の賃貸事業経営に精通した信託会社が事業主体となり、賃貸事業計画の企画立案から実施ならびに管理運営を行います。
  • 土地活用に関連する賃貸事業運営、資金調達などはすべて信託会社名義で行います。
  • 専門スタッフの運営により、物件の稼働率向上ならびに管理運営コストの適正化を図ります。

不動産管理信託の活用事例紹介

低利用の不動産を土地信託で有効活用

月極め駐車場、都心部約200坪

市場調査の結果、周辺地域では介護系施設が不足していることが判明。行政とも調整のうえ、補助金を活用してグループホーム3ユニット(27室)を建設。大手介護事業者と長期で賃貸借契約することにより収益性が大きく向上した賃貸事業経営を行えます。

低利用の不動産を土地信託で有効活用イメージ写真 ※写真は活用イメージです

事業計画の策定、資金調達、テナント誘致、完成後の管理運営まで全て信託会社が行います。

法人企業様の活用事例集はこちらをご覧ください

資産継承

資産の円満な相続と、お客様の愛情がこもったご遺志を実現するための遺言作成から相続する方々のための「遺産の確認」「遺産の配分」「相続税の申告」「預金・不動産の名義変更」など、複雑な手続きが生じがちな遺産整理まで、お客様の資産継承をトータルにサポートさせていただきます。

スターツ信託だからこそできること

不動産ビジネスに精通した信託会社だからできること

不動産経営全般を担う運用型信託会社。従来の不動産管理と比較してお客様の負担を大幅に軽減。

スターツグループの信託会社として、不動産経営のノウハウと信託・証券化手法を駆使したサービスを提供。

資産活用・継承の新たな選択肢 スターツ信託ならではの多様なタイプの不動産信託の提案

他社では手掛けていない独自の不動産信託メニューを多数開発。

大手信託銀行では取り扱わない住宅系物件の土地信託に強み。

法律上も、税制面でも安心・有利な信託の特長

信託法により「分別管理」を義務付け

信託した財産は、信託法により保護、分別管理。

安全・確実な不動産経営を実現。

事業資金はすべて信託会社が調達

土地信託の必要資金は信託会社が調達。手元資金がなくても不動産の有効活用が可能。

信託会社が借入名義人。お客様による連帯保証人は不要。

税効果を活かした不動産経営が可能

信託会社が支払う借入金利、公租公課等の費用は、お客様の申告所得上の経費に。建物減価償却費も同様。

信託物件の相続税評価額は、ご自身で建築した場合と同様に評価。相続税対策としても有効。

ページTopへ