STARTS


 

プレスリリース

  • 2018.10.01


    <住まいぷらす少額短期保険株式会社>
    賃貸住宅オーナー様向け家賃補償総合保険
    「大家さんの安心ぷらす」販売開始
    予期せぬ賃貸経営リスクに対応。臨時費用保険金で想定外費用にも対応。


    スターツグループで少額短期保険を取扱う住まいぷらす少額短期保険株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:小堂真由美)は、賃貸住宅オーナー様向けの新商品:家賃補償総合保険「大家さんの安心ぷらす」を2018年10月1日より販売いたします。





     住まいぷらす少額短期保険(株)は、2016年4月に営業を開始し、同社グループであるスターツピタットハウス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中松 学)を代理店第一号として、現在171社/325店舗※2018年8月末時点の代理店を有します。

    この度販売する家賃補償総合保険「大家さんの安心ぷらす」は、賃貸入居者の高齢化を背景に、賃貸住宅オーナー様の予期せぬリスク対策の1つとして立案。居室内で入居者様が孤独死や自殺・犯罪死された場合の原状回復費用や遺品整理費用を、貸主であるオーナー様が負担した場合、1室100万円を上限に費用を補償。さらに「臨時費用保険金」を定額でお支払いするのが特長です。この「臨時費用保険金」には使用制限がなく、入居者死亡により発生する「空室期間の賃料損失」「再募集時賃料下落」「葬儀費用」など、オーナー様にとって想定外の費用もカバーします。また、居室外で入居者様がお亡くなりになった場合でも、遺品整理費用が発生した場合、定額で3万円を保険金としてお支払いします。
     10月1日より、同グループであるスターツアメニティー株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:齋藤太朗男)が管理を担う賃貸住宅オーナー様(約12.5万戸※2018年8月末時点)を対象に販売を開始し、順次、総合不動産ショップであるピタットハウス(全国630店舗※2018年8月末時点)の加盟店やスターツグループ提携不動産ネットワークであるSEAネットワーク会員他、ご加入を希望される賃貸住宅オーナー様を中心に販売を予定しております。
     今後も、オーナー様の安定した賃貸経営のサポートと、入居者様への安心を提供できる商品開発に取り組んでまいります。

    ※下記金額は一室あたりの保険料及び保険金額となります。
    ※当契約は賃貸物件1棟単位でのお引受けとなります。
    ※保険業法の規制により同一の被保険者に対する保険金支払額は保険期間中1,000万円が限度となります。

    ■「大家さんの安心ぷらす」契約コース



    <本件に関するお問い合わせ先>
    スターツコーポレーション株式会社 広報:小宮
    e-mail:group-pr@starts.co.jp
    TEL:03-6202-0380(直)
    FAX:03-6202-0333
    この記事の詳細はこちら(PDF:780KB)PDF

     

Copyright (c) 2011 STARTS CORPORATION. All Rights Reserved.