STARTS

海外不動産投資物件情報

海外での不動産投資について

海外不動産への投資

日本国内の人口減少や地震などのリスクを回避するために、近年では一部の資産家の方々の投資手段として、金融資産投資に加えて実物資産である海外不動産への投資が行われています。
物価上昇を続ける一部新興国ではキャピタルゲインを狙える可能性がある一方、賃貸需要の高いエリアではインカムゲインを狙い長期的な保有が良い等、国や都市による特性を比較・検討したうえで投資をすることが重要です。
なお、国によっては外国人の土地購入を認めていない等、さまざまな制約があります。法制も常に改定が行われますので、日本国内での不動産投資以上に、正確な情報を得ながら投資を行いましょう。

主な海外不動産投資の目的

  • キャピタルゲイン
    将来の値上がりを期待し不動産を取得します。新興国の経済成長を期待し投資をするか、安定成長先として先進国に投資するか判断がわかれるところです。
  • インカムゲイン
    購入した不動産を賃貸に出し収入を見込みます。不動産の維持コストや借家人とのやり取りなど長期的運営を考える必要があります。購入する物件選びも重要ですが、管理・募集を委託する業者選びも重要です。
  • リゾート物件
    リゾート地での自己利用を目的とした不動産の所有。自身が利用していない期間はホテルとして運用を委託し、維持費などを賄うホテルコンド投資が人気です。
  • 節税
    節税を目的とした不動産取得。なかでも建物価値については、日本よりアメリカの建物の方が高比率で評価されます。日本の居住者(永住者)である限り、アメリカで所有する不動産から生じる経費・利益等は日本国内にて所得税申告が行われるため、日本と比べてかなり高い減価償却費用を計上することが可能なため節税につながります。
  • 資産のリスク分散
    円だけでの資産形成ではなく、外貨を組み込みリスクを分散させます。また、金融資産だけでなく、実物資産である不動産を所有することにより、資産ポートフォリオの最適化を図ります。
  • 永住権取得
    日本国以外での永住権を取得するために海外不動産を取得します。多くの国で投資家ビザの制度があり、一定の投資をすることで永住権を取得することが可能です。

■国によって異なる海外不動産投資の制限

投資先の国から見れば外国人である日本人が、どこの国の不動産でも自由に取得出来るとは限りません。実際は制約がある国が多く、土地の取得が出来ない国や、投資額の下限制限が設けられている国、上物の49%までしか取得が認められない国、中古物件の購入が出来ない国など、様々な制約が存在します。さらに市況にもよりますが、不動産取得のための資金融資を受ける事も容易ではありません。国ごとの制約を確認した上で取引を開始しましょう。

スターツの不動産投資家様向けサービス

日本と変わらない安心なサービスをお届けします。

・現地で弊社スタッフが日本語でご案内。
・国ごとに異なる不動産慣習・購入、売却の流れも、日本事務所と現地法人からメールなどで事前説明
・日本・現地の税金問題も国ごとの税理士など専門家をご紹介。
・適正な不動産価格かどうかをご判断いただける情報をお届け致します。

※内容により有料になることがございます。

スターツは日本国内45年超・海外28年超に渡り不動産のお取引をサポートしてまいりました。海外の不動産仲介については、海外赴任をされる日系企業社員様向けの住宅斡旋を年間2,000件超仲介しております。
ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ先

掲載されていない国・都市での不動産売買についてもお問い合わせください。

【お電話でのお問い合わせ】
電話番号:03-6202-0148

受付日時 平日 9:00~18:00

» Webでのお問い合わせはこちらから

ページトップへ

TOPページへ戻る