事業者向け商業ビル・工場・工場用地

main-banner

海外での商業ビル・工場・工場用地の売買とは

line

海外に工場・店舗を保有すると、多くの利点があります。例えば経費の削減や売上機会の拡大です。しかし一方で気をつけるべき点もあります。

例えば、飲食店の開業を考えた場合、以前その場所が飲食店舗であったからといって、開業に向いているとは限りません。
工場の購入・取得においても建築するまでに、各種許認可の取得、会社の設立、税務番号の取得や銀行口座の開設が事前に必要となります。必ずしも法整備された国であるとは限らないので、海外に店舗や工場の所有を考えている場合は、現地の法律・慣習の知識をもつ不動産のプロフェッショナルと二人三脚で進出業務に当たることが重要です。

スターツは法整備されていない国でも、オフィス・店舗・倉庫・工場・駐車場などの事業用物件において、お客様が安心してお取引ができるようホスピタリティーをもってサポートさせていただきます。

海外ビル・工場の売買 注意すべきポイント

line
店舗開業に適した立地か?
物流経路のインフラ整備は整った場所か?
工場の建設及び生産に制限はないか?
工場建設の上で地質調査はできているのか?
工事業者への依頼、その他の申請はどうすればいいか?
工場を売却する場合どうすればいいか?

スターツがご提供するサポート内容

line
スターツでは、店舗・工場に適した適正価格の物件をご紹介し、購入から売却、売却後の保証金手続きまでワンストップで日本語でご対応が可能です。
photo
店舗物件の紹介

出店開業アドバイザリー業務

工場物件売却のお手伝い

新規進出時の工業団地入居の仲介業務

不動産の権利調査・鑑定・診断・不動産活用企画

A社様の事例

line
photo
ASEANエリアでの販売・製造に力をいれていたA社様は、インドネシアへの製造拠点の進出をお考えでした。しかし、インドネシアでは不動産の取引金額の推移を記録する慣習がないため、地域ごとの相場を知ることができず、また都市計画、物流網、商慣習の違いなどに直面しお困りでした。
スターツではA社様が安心する工場に近い物件を複数扱った実績から、特定地域の適正価格帯を把握しているので、A社様にとって妥当と考えられる金額をレポートとして提示でき、課題解決へと繋げることができました。

B社様の事例

line
photo

大手企業B社様は、インドネシアに所有する6万㎡の大型土地売却のエージェントを探していました。
インドネシアでの取引リスク説明や弊社の実績などから信頼をいただくことが出来、専任での売却依頼を受注しました。土地の買主調査は困難を極めました。現地の不動産デベロッパーへも複数社打診を行いましたが、信頼性が疑われる場面が多数あり精査の必要がありました。そこで、支払い能力やバックグラウンド、本物の委任状かなど一件ずつ面談し精査しました。

ご契約の流れ

line

ご契約までの簡単な流れをご紹介します。

購入 ヒアリング物件選定 見学 建物構造など必要な調査 購入手続き 物件のご契約 アフターサポート
売却 物件無料査定 売却契約・準備売却活動開始 売却決定・契約締結 売却書類手続き 完了

Copyright © STARTS CORPORATION All Rights Reserved.